スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太平洋の奇跡

           Funtouki.gif       1226333324375.png  ご支援をお願いします。


暖かい一日でしたね。
今日は、先日観た「太平洋の奇跡」のことを少し書こうと思います。
太平洋戦争の末期、激戦地サイパン島で512日間もの間
日本兵47名が、タッポーチョ山に立てこもり民間人200名余りを守って戦い続けました。
その中心となった人が主人公の大場栄大尉という方で、
元は地理の教師をなさっていたそうです。
日本人としての誇りを持ち、無駄に命を散らすことを好まず、
いつも物静かで、しかし果敢にアメリカ兵と戦った大場大尉を竹野内くんが好演していましたよ。
彼、もう40歳なんだって・・・
でも私の中では、いつまでも竹野内くんなのです。
竹野内くんの演じる人物はどれも私の心を掴みます。
竹野内豊という俳優さんが好きなのか、
彼の演じている人が好きなのか・・わからないんですが。

劇中、一生懸命自分の役目を果たそうとしてる、そんな人たちがたくさん登場し、
日本人もアメリカ人も最良の道を進もうと努力している姿がとても良かった。
意地悪な人が出てこなかった点も私好みでした。
反面、見ていて苦しくなるような戦闘シーンも多くあり、
息子達をこんな戦場へ送り出すのは嫌だ!と強く思った作品でもありました。

この映画の原作は1982年出版「タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日」。
当時サイパンに従軍していた海兵隊員ドン・ジョーンズ氏が
関係者の取材を元に書いた実録ノンフィクションです。
絶版になったそうですが、今年再版されたようですよ。
また戦火のもと、大場大尉が奥様とやりとりした手紙もこんな形で本になってます。
愛妻家だったのですね。
タッポーチョ島     戦火のラブレター

今日の歩数は午後11時半の時点で4,587歩でした。



           ** 最近の嬉しかったこと **
           管理宿直を終え、家に戻る途中こんな景色に遭遇。
           一日の始まりだ~~!って思えた瞬間でした。
        夜明け


    
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スケールの大きい映画ですね

色んな思いが交差する映画ですよね。
だけど、この苦しい思いを
忘れてはならないのだと思います。
竹野内くん・・
素敵な俳優さんですよね。
存在感抜群で・・・
私も好きです。

一日の始まりの景色・・・
素敵ですね。

朝日!

いつもいい映画を紹介くださってありがとうございます。
私、つい戦争のお話からは目をそむけてしまいがちなのです。
戦火のラブレター、大場大尉は素敵な方だったんでしょうね。

わぁ!日の出の瞬間ですね!
管理宿直、大変なのだろうなぁ、といつも思っていますが、
こういう太陽で元気を回復されるのでは?

私は当たりませんでした。

私もこの映画の試写会の申し込みをしたのですが
当選しませんでした。残念。
でも、MIDORIさんの記事を読んでいて
映画館で改めて観たいなぁと感じました。
戦争は知らないけれど、こんな形で戦争を感じるしかないですが知るのですね。

朝日はいいですね。
私は5時に起きるので朝日を拝むことが多いです。
朝も生まれたて~♪(五十嵐浩晃の歌にありました)
気持ちいいですね。

主人公

去年「ゲゲゲの女房」にはまり、水木しげるさんの戦記を読んだり、戦後の高度成長期を支えてきた世代に思いを馳せました。
この週末、熊本幼年学校から陸軍士官学校に進んだ夫の伯父の葬儀に行ってきました。
85歳の同期達は、今も8月15日に靖国神社に集うそうです。
「お年寄り」でくくるのは失礼なほど、背筋がしゃんと伸びた立派な方達でした。
熟年離婚したため、生前は三度しか会う機会がなかった義伯父でしたが、
在りし日の姿や若き日の勇姿を思い、胸がいっぱいになりました。

戦争のドラマや映画、小説などに触れるにつけ、平凡な暮らしが続く毎日を幸せに思います。
さださんの歌詞にもあるように、一人一人が人生の主人公なのですね。
作品PRのバラエティ番組で居心地の悪そうな竹野内さんに好感が持てました^^

P.S.今日のツイッターで、羊国の地震の映像が届きました。
阪神淡路大震災レベルと聞いています。
続報がどんどん流れていますが、Shizooさんのご近所ではないかと案じております。
何かとお忙しそうなご様子なので、
MIDORIさんならご連絡が取れるかも、と、こちらにお邪魔しました。
ご家族やご友人のご無事をお祈りしています。

優香さんへ

>色んな思いが交差する映画ですよね。
>だけど、この苦しい思いを
>忘れてはならないのだと思います。

きっとそうですね。
戦争が二度と起こらないように、
一人一人が心に命じないといけないのでしょうね。


>竹野内くん・・
>素敵な俳優さんですよね。
>存在感抜群で・・・
>私も好きです。

うふふ・・・優香さんも竹野内くんのファンなんですね。
菅野美穂ちゃんとお医者様役で共演したときもすごくよかった。
大河ドラマで演じた役もよかったです~~


>一日の始まりの景色・・・
>素敵ですね。

綺麗でしょう。グッドタイミングでした。

いさなさんへ

>私もこの映画の試写会の申し込みをしたのですが
>当選しませんでした。残念。

あら~、それは残念。
実は、私は職場の人からいただいたのです。ラッキーでした。


>でも、MIDORIさんの記事を読んでいて
>映画館で改めて観たいなぁと感じました。
>戦争は知らないけれど、こんな形で戦争を感じるしかないですが知るのですね。

良い映画でした。是非ご覧になってみて下さい。
辛い場面も多かったけど、
希望というか明るさというか
そういうものをいっぱい感じることのできる映画でしたよ。


>朝日はいいですね。
>私は5時に起きるので朝日を拝むことが多いです。
>朝も生まれたて~♪(五十嵐浩晃の歌にありました)
>気持ちいいですね。

5時起きなんですか~~~?
いさなさん、早起きなんですね。すごいなぁ。
私は早くて6時です。
でも早起きすると気持ちがいいし、朝に余裕ができていいですよね。

KEIKO☆さんへ

>いつもいい映画を紹介くださってありがとうございます。
>私、つい戦争のお話からは目をそむけてしまいがちなのです。
>戦火のラブレター、大場大尉は素敵な方だったんでしょうね。

戦争を扱った映画は悲惨なものが多く、見ていて辛くなりますね。
この映画は悲惨さより、登場人物の前向きな姿が印象的な映画でした。
戦火の下での手紙のやりとり、素敵ですね。


>わぁ!日の出の瞬間ですね!
>管理宿直、大変なのだろうなぁ、といつも思っていますが、
>こういう太陽で元気を回復されるのでは?

綺麗でした~!
管理宿直は夜勤と違って睡眠をとることができるんですよ。
とはいえ、睡眠不足気味になるのも事実なんですが・・・
おっしゃるように、この日はすごく元気になれました。

ラベンダーさんへ

>去年「ゲゲゲの女房」にはまり、水木しげるさんの戦記を読んだり、戦後の高度成長期を支>えてきた世代に思いを馳せました。
>この週末、熊本幼年学校から陸軍士官学校に進んだ夫の伯父の葬儀に行ってきました。
>85歳の同期達は、今も8月15日に靖国神社に集うそうです。
>「お年寄り」でくくるのは失礼なほど、背筋がしゃんと伸びた立派な方達でした。
>熟年離婚したため、生前は三度しか会う機会がなかった義伯父でしたが、
>在りし日の姿や若き日の勇姿を思い、胸がいっぱいになりました。

そうでしたか。
戦争を体験した方たちは筋が一本通っていらっしゃるような気がします。
素敵な方だったでしょうね。ご冥福をお祈りいたします。


>戦争のドラマや映画、小説などに触れるにつけ、平凡な暮らしが続く毎日を幸せに思います。
>さださんの歌詞にもあるように、一人一人が人生の主人公なのですね。
>作品PRのバラエティ番組で居心地の悪そうな竹野内さんに好感が持てました^^

最近よくテレビに顔を出されてますよね、
徹子の部屋にも出てらしたし・・・
離れしていない様子が微笑ましかったです。


>P.S.今日のツイッターで、羊国の地震の映像が届きました。
>阪神淡路大震災レベルと聞いています。
>続報がどんどん流れていますが、Shizooさんのご近所ではないかと案じております。
>何かとお忙しそうなご様子なので、
>MIDORIさんならご連絡が取れるかも、と、こちらにお邪魔しました。
>ご家族やご友人のご無事をお祈りしています。

Shizooさんのご一家がご無事でよかったですね。
とはいえ、たくさんの方が亡くなられたり
怪我をされたりしていて・・・心が痛みます。
プロフィール

MIDORIMAMA

Author:MIDORIMAMA
みいたんちのリビングルームへ
ようこそ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問してくださった方
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。