スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父のその後

       Funtouki.gif       1226333324375.png  ご支援をお願いします。


前回のブログにたくさんのコメントをありがとうございました。
一つ一つがありがたく、またお気持ちがすごく嬉しかったです。
お返事かけなくてごめんね。

大好きな父は11月6日に彼の愛する妻の元へ旅立ちました。
その日が遠くないとは思っていましたが、こんなに早いとは思いもよらず・・・
でも、父なりに考えてその日を旅立ちの日と決めたのでしょう。

最後まで意識はあったようです。
呼吸数がだんだん少なくなる中、
「お父さん、息を忘れてるよ。息をして。」と声をかけると
懸命に息をしようと努力している様子が見られました。
頑張りやさんの父だから、
もしかしたら持ち直すかもしれないと思いましたが、
ろうそくのともし火が消えていくように、静かに静かに生涯を終えたのでした。

今年の2月に自分の死後のことを私や弟妹に申し送ってくれましたが、
そのとき見せられたノートが本当に役立ちました。
私たちはノートに従って動けばよかったので、全てがスムーズに運びました。
「喪中葉書の詳細は今年の年賀状の箱に入っている」と書いてあったので開けてみると
文面は既に下書きしてあり、送付先も県内・県外と別々に整理してありびっくり。
何から何まで周到にやり遂げたなぁ・・・わが親ながらあっぱれです。

以前にも書いたことがあると思いますが、
私は亡くなって方もどこかできっと生きていると思っています。
会うことは出来ないけど、いつもそばに居るような気がするのです。
だから父もきっとどこかに居て、私たちを見ていてくれると思います。
「りんごをたくさん頂いたから取りにおいで。」なんて電話が
もうかかってこないのは淋しいけれど・・・・



          ** 今日の嬉しかったこと **

      父のお通夜や告別式には懐かしい方々がたくさん来てくれました。
      福岡や山口に住んでいる学生時代の友人もわざわざ来てくれて、
      遠くから申し訳ないと思う反面、本当にうれしかったのです。
      今日はまた、福岡から別の友人が弔問に来てくれました。
      父が引き寄せてくれたたくさんの再会に感謝します。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

みどりさん

そうだったのですか。お父様、最後まで頑張られたのですね。
もしかすると、おうちに外泊できて、ホッとなさって、お母様の所に行かれたのかもしれませんね。
そして、2月に日記で読ませていただいた、お父様のノートの事、その時も驚きましたけれど、そこまで準備なさっていたとは。
本当にご立派です。

みどりさんの日記に、穏やかな語り口で登場されていたお父様。
お子さん達やお孫さん達の事、とても大事にされていた様子がうかがえて、
私もお会いしたことはないのだけれど、お父様の事がとても好きでした。

みどりさん、素敵なお父様でしたね。

みどりさんへ

みどりさん、お父様のご冥福を心からお祈りいたします。

みどりさんのお父様にお会いしたことはないのですが、なぜか、私の脳裏にお茶を飲むお父様や、みどりさんたち家族の前で、マッサージチェアーを試されてる姿、優香さんの鉄火味噌をいただくお父様、など、みどりさんのブログを通しての記憶が映像となって浮かんでいます。

みどりさんの目を通して心を伝わって私の心に繋がってて、だからだと思うのですが、みどりさんのブログを読んで今日は、涙が止まらないの。多分、みどりさんのお気持ちを感じてるんだと思います。

お父様が何もかも、用意されてたこと、立派だなあ。と思いました。素晴らしいお父様ですね。私も見習いたいです。

私も死後の世界というか、魂は永遠だと思っているので、今まで以上にみどりさんの側にいつでも、好きなときに、お父様はいられるんだと思います。
お父様のためにも、今後もみどりさんがいっぱい、いっぱい幸せを感じて過ごされてくださいね。側でお父様がお喜びになると思います。

みどりさん、ご家族の方々
そしてお父様、お疲れさまでした

穏やかに旅立っていかれたとのこと
やさしいお父様、きっと空からニコニコと見守っていらっしゃると思います(*^_^*)

私も父は違う次元で幸せに暮らしてるんだと思っています(*^_^*)
気持ちはいつも寄り添ってくれています
次元も越えて
愛は永遠に♪

今しばらくはいろいろとお忙しいことと思います
休めるときはゆっくりされてくださいね

KEIKO☆さんへ

>そうだったのですか。お父様、最後まで頑張られたのですね。

本当に最後までがんばってくれました。


>もしかすると、おうちに外泊できて、ホッとなさって、お母様の所に行かれたのかもしれませんね。

私もそう思います。
家に戻るのをそれはそれは楽しみにしていましたから。


>そして、2月に日記で読ませていただいた、お父様のノートの事、その時も驚きましたけれど、そこまで準備なさっていたとは。
>本当にご立派です。

お棺に入るときに着る着物も用意していました。
死期というものは自分で感じ取ることができるものなのかしら?
周到すぎて驚きます。


>みどりさんの日記に、穏やかな語り口で登場されていたお父様。
>お子さん達やお孫さん達の事、とても大事にされていた様子がうかがえて、
>私もお会いしたことはないのだけれど、お父様の事がとても好きでした。
>みどりさん、素敵なお父様でしたね。

ありがとうございます。
父との会話はいつも楽しく、前向きな父から元気をもらっていました。
KEIKO☆さんにそう言っていただけて、父も喜んでくれていると思います。
思い出を共有して下さってありがとうございます。

shizooさんへ

>みどりさん、お父様のご冥福を心からお祈りいたします。
>みどりさんのお父様にお会いしたことはないのですが、なぜか、私の脳裏にお茶を飲むお父様や、みどりさんたち家族の前で、マッサージチェアーを試されてる姿、優香さんの鉄火味噌をいただくお父様、など、みどりさんのブログを通しての記憶が映像となって浮かんでいます。

ありがとうございます。
父のことを思ってくださる方が、はるか遠くの羊国にもいて下さるなんて
本当にありがたく、感謝します。
shizooさんの思い浮かべられたシーンの一こま一こまが
私の頭の中にもよみがえりました。


>みどりさんの目を通して心を伝わって私の心に繋がってて、だからだと思うのですが、みどりさんのブログを読んで今日は、涙が止まらないの。多分、みどりさんのお気持ちを感じてるんだと思います。

父は悔いのない生涯を送ったと思います。
だから、私にも悔いはありません。
「悲しい」って気持ちより「お疲れ様」って気持ちが大きいの。
ほんとに良く生きてくれたと思います。


>お父様が何もかも、用意されてたこと、立派だなあ。と思いました。素晴らしいお父様ですね。私も見習いたいです。

残された者たちへの気遣いなのでしょう。
私もエンディングノートを作っておかなくてはと思っています。
まずは身の回りの整理から始めなくては・・・・


>私も死後の世界というか、魂は永遠だと思っているので、今まで以上にみどりさんの側にいつでも、好きなときに、お父様はいられるんだと思います。
>お父様のためにも、今後もみどりさんがいっぱい、いっぱい幸せを感じて過ごされてくださいね。側でお父様がお喜びになると思います。

そうですね。
これから私がいっぱい幸せを感じて暮らしたいと思います。
頭の中にソファでくつろぐ元気だった頃の父の姿がいつも浮かんできます。
実家のソファにはいつだって父が座っていると感じます。

ピコタンさんへ

>みどりさん、ご家族の方々
>そしてお父様、お疲れさまでした
>穏やかに旅立っていかれたとのこと
>やさしいお父様、きっと空からニコニコと見守っていらっしゃると思います(*^_^*)

ありがとうございます。
穏やかな最期だったので、私たちも救われました。
そうですよね。空から私たちを見ていてくれるよね、きっと。
ピコタンさんのお父様と、空のどこかで出会っているかもしれませんね。


>私も父は違う次元で幸せに暮らしてるんだと思っています(*^_^*)
>気持ちはいつも寄り添ってくれています
>次元も越えて
>愛は永遠に♪

ピコタンさんもそう感じていらっしゃるんですね。
どこかで生きているって思うので、
悲しい気持ちとは違う安らぎにも似た気持ちになっています。


>今しばらくはいろいろとお忙しいことと思います
>休めるときはゆっくりされてくださいね

はい、ありがとうございます。

No title

お父様のご冥福を心からお祈りいたします。

ひとぴーさんへ

>お父様のご冥福を心からお祈りいたします。

ありがとうございます。
父は最後まで父らしく生きてくれました。
天国で母と再会し、笑顔で話していると思います。

お父様…

ご冥福を心より申し上げます。

みどりさん、大変でしたね。
こんなに早くお別れがくるなんて、思っていなかったので、
びっくりしました。
でもお父様は最後まで生きようと頑張ったのですね。
みどりさんやご家族の見守る中・・・
ありがとうと感謝しながら旅立たれたのだろうと思います。
お会いした事はないですが、
素敵な優しいお父様が想像できます。
最後まで鉄火みそを食べてくれた事を嬉しく思います。

絶対みどりさんたちのそばにいて、
優しい笑顔で見守り続けてくれますよ。
きっとお母様と会って、
色んなお話をしているでしょう。

みどりさん、お疲れも出ているのではないですか?
少しでも体を休めてくださいね。
最後まで立派なお父様でした。

MIDORIさんへ

お父様のことを知り、ただただ驚いております。
まさかこんなに早く旅立たれるとは思ってもいませんでしたし、どうか苦しくないよう毎日を過ごせますように・・と祈っておりました。
熊本城へ行かれたことや、杖を購入したこと・・、ノートのこと・・
いろんなお話を思い出しました。
お会いしたことはないけれど、一方的ではありますが、とっても親しみを感じていました。

最期まで素敵で立派なお父様でしたね。

体の苦痛もなくなりお母様とお会していますね。
そして、MIDORIさんたちを見守ってくださっていることでしょう。

時間とともに寂しさもつのると思いますが
MIDORIさんのおっしゃるようにいつもそばにいますよね。きっと。

お父様のご冥福をお祈りいたします。

MIDORIママさんへ

お父様のご冥福を心からお祈りいたします。

実はウチの父も今年の3月に亡くなりました。
父と自分の関係はとりたてて仲が良いとか悪いとかはない、ごく普通の間柄だったと思います。
けれど父が亡くなって半年以上たった今、父の存在の大きさをつくづくと感じています。

MIDORIママさんも一段落ついた頃、疲れがどっとくるかもしれないので、休める時は休んでくださいネ。

優香さんへ

>ご冥福を心より申し上げます。
>みどりさん、大変でしたね。
>こんなに早くお別れがくるなんて、思っていなかったので、
びっくりしました。
>でもお父様は最後まで生きようと頑張ったのですね。
>みどりさんやご家族の見守る中・・・
ありがとうと感謝しながら旅立たれたのだろうと思います。

お返事がおそくなってすみません。
本当に思いがけず逝ってしまった父でした。
でも、みんなで見送れたことは幸せだったと思います。
また、大きな苦しみもなく旅立ったので、それも救いでした。


>お会いした事はないですが、
素敵な優しいお父様が想像できます。
>最後まで鉄火みそを食べてくれた事を嬉しく思います。

優香さんの鉄火味噌は、父が最後まで口にしていたものでした。
本当に感謝しています。


>絶対みどりさんたちのそばにいて、
優しい笑顔で見守り続けてくれますよ。
>きっとお母様と会って、
色んなお話をしているでしょう。

そう信じています。
母から「貴方、しばらく会わない内に
ずいぶん老けたわね。」って言われてるかも。
父は今でも、実家のソファにきっと座っていてくれるような気がしています。


>みどりさん、お疲れも出ているのではないですか?
>少しでも体を休めてくださいね。
>最後まで立派なお父様でした。

ありがとうございます。
私は特に何もしていないので、やはり少し疲れているようです。
人が亡くなるっていうのは大きな出来事なのだなぁとしみじみ思っています。

いさな♪さんへ

>お父様のことを知り、ただただ驚いております。
>まさかこんなに早く旅立たれるとは思ってもいませんでしたし、どうか苦しくないよう毎日を過ごせますように・・と祈っておりました。
>熊本城へ行かれたことや、杖を購入したこと・・、ノートのこと・・
いろんなお話を思い出しました。
>お会いしたことはないけれど、一方的ではありますが、とっても親しみを感じていました。

お返事が遅くなってすみません。
親しみを感じて下さっていたとのこと、父も喜ぶと思います。
いさな♪さんがお祈りして下さったからでしょうか、
父はあまり苦しむことなく旅立ちました。
ただ、全介助という状態で過ごしていることに、
プライドの高かった父がどんな風に感じていたのかは知る由もありませんが。


>最期まで素敵で立派なお父様でしたね。
>体の苦痛もなくなりお母様とお会していますね。
>そして、MIDORIさんたちを見守ってくださっていることでしょう。

そうですね。
最後まで生きようとがんばってくれました。
母との久しぶりの再会を喜んでいることでしょう。


>時間とともに寂しさもつのると思いますが
>MIDORIさんのおっしゃるようにいつもそばにいますよね。きっと。

>お父様のご冥福をお祈りいたします。

ありがとうございます。
本当はまだまだ実感がないの。
ちょっとどこかにお出かけしてるって感じがなかなか抜けません。
でも、それでもいいのかなって思っています。

紙市さんへ

>お父様のご冥福を心からお祈りいたします。

ありがとうございます。
お返事が遅くなってすみません。

>実はウチの父も今年の3月に亡くなりました。
>父と自分の関係はとりたてて仲が良いとか悪いとかはない、ごく普通の間柄だったと思います。
>けれど父が亡くなって半年以上たった今、父の存在の大きさをつくづくと感じています。

そうだったのですか。
お淋しくなられましたね。
私はまだ父の不在が現実的ではなく、
ちょっとお出かけしてるって感じが抜けないのです。
「息子と父親」、「娘と父親」、それぞれの立場で感じ方が違うかもしれませんが
やっぱり、親の存在って大きいですよね。


>MIDORIママさんも一段落ついた頃、疲れがどっとくるかもしれないので、休める時は休んでくださいネ。

ありがとうございます。
何もしてなくてもなんだか少し疲れています。
ゆっくりやって行きたいと思います。

No title

ブログの更新を見落としていて、今知りました。

お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

準備万端で逝かれたお父様、すごいですね。
だから、そんなお父様に育てられたみどりさんも、素敵なのですよね。

みなこさんへ

>ブログの更新を見落としていて、今知りました。
>お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

ありがとうございます。
皆さんに温かい言葉をかけていただいて、父は幸せ者ですね。


>準備万端で逝かれたお父様、すごいですね。
>だから、そんなお父様に育てられたみどりさんも、素敵なのですよね。

父の周到な所、見習いたいと思いますが・・・・
なかなかできそうにありません。
これから人生の終わりに向けて
悔いのないように生きていきたいと思います。

お父様の

ご冥福をお祈りいたします。よく順番だから・・などというけど、やはり本当に悲しいですよね。実はうちの保護猫が3日、小学校の頃の恩師が立て続けになくなり、私も大ショックをうけていましたTT
今頃お父様お母様が仲良く腕を組んでいるかもしれませんね^^
しかしお別れというものは本当に悲しいです

mさんへ

>ご冥福をお祈りいたします。よく順番だから・・などというけど、やはり本当に悲しいですよね。実はうちの保護猫が3日、小学校の頃の恩師が立て続けになくなり、私も大ショックをうけていましたTT

ありがとうございます。
mさんも悲しい思いをなさったのですね。
少しお元気になられたでしょうか?
私はちかちゃんの死がすごく悲しくて・・・
悔やむ気持ちがすごく大きいのです。


>今頃お父様お母様が仲良く腕を組んでいるかもしれませんね^^

「お父さん老けたわね」なんて母から言われてるかも。(笑)
会えてるといいなぁ・・・


>しかしお別れというものは本当に悲しいです

まだ実家のソファに座っているような気がして仕方がありません。
もう居ないのにね・・・
プロフィール

MIDORIMAMA

Author:MIDORIMAMA
みいたんちのリビングルームへ
ようこそ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問してくださった方
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。